「 1_WALL 」グランプリシリーズパンフレット

「1_WALL」グランプリ受賞作「美しい速度で」を再編して収録。
ガーディアン・ガーデンONLINE SHOPにて販売中。

価格 : 823円(消費税込)
体裁 : 天地190mm×左右195mm/ソフトカバー/32ページフルカラー/英和文表記
内容 : 作品/審査員コメント/作家コメント/プロフィール
発行 : 株式会社リクルートホールディングス

「1_WALL」とはガーディアン・ガーデンで開催している公募展で、16年続いた『ひとつぼ展』をリニューアルし、2009年からスタートしました。
3度の審査を勝ち抜いたグランプリ受賞者には、1年間の制作期間を経た後に、個展開催とパンフレット制作が約束されます。

book_1wall_07p_01

よすが

よすが
仲田絵美 写真集

定価:5,000円+税|216×298mm|168 ページ|上製本
デザイン:近藤一弥
発行人:姫野希美
発行元:株式会社 赤々舎

Yosuga
Photographs by Emi Nakata
5,000 JPY|216×298mm|168 page|hard cover
Art Director : Kazuya Kondo
Publisher : Kimi Himeno
Akaaka Art Publishing,Inc

|About Book|

母の遺品を身につけ、父にシャッターを押してもらう
写真と記憶が動かしていく、切実な家族の時間

幼い頃に母を亡くした仲田は、その不在が染み込んだ身の回りの風景を、あるいは生前の母の写真や遺品など、母が生きた痕跡と時間を写真に収めています。それは見えないものを見るために、そこに含まれた記憶を写真に置きかえる行為に思えます。
また、自分自身の体も母が遺したもののひとつと考える仲田は、母の遺品を身につけた自らの姿を撮影し、時には父親にもシャッターを押してもらいます。その撮影には、妻と母というそれぞれにとって大きな存在を失った父娘の繊細な緊張感が漂い、カメラを通してあらためて向き合うことの関係性やざわめきが写真に刻まれています。
 幼い頃の自分を見つめる生前の母の眼差しを追体験し、遺品を通して母の死と力強く対峙することで、変わらずあり続ける自らの身や心のよりどころ、すなわち「よすが」を見出す一冊です。

赤々舎 Website よりご購入いただけます。